Date
Breast Cancer Ribbon

昔とだいぶ変わったコンタクト事情

posted by:
admin

昔は使う方が少数派だったコンタクトレンズは、使い捨てのソフトコンタクトが広まってから一躍メジャーな視力矯正方法となりました。従来使われていたハードコンタクトというものは、眼球に対する負担も大きく、異物感や装着時のフィット感の悪さによって使用者の伸び悩みがあったそうです。そして、現在使われている使い捨て型のコンタクトレンズは、ソフトコンタクトといい、眼球の成分に近い素材が使われておて、従来の不快な要素を取り除かれています。

ソフトコンタクトの特徴なのですが、非常に薄く目の表面に張り付くような使用感となっていて、コンタクトレンズを装着していることに気がつかないくらいです。眼球に入れる際には慣れが必要になってくるのですが、これは自転車などと同じで、一度つけ方が分かるとその後は苦も無く即座に身につけられるようになります。ハードコンタクトでは、目からレンズが零れ落ちるというトラブルもありますが、ぴったり目に張り付くソフトコンタクトではそのような事はほとんど起こりません。

コンタクトレンズは、手が滑って地面に落ちてしまうと、視力の低さと小ささで簡単には見つけられません。使い捨てコンタクトなら、このような時、代わりのレンズを使えばよいだけなので、この点でも安心できると思います。

hr

江戸時代から伝わる割烹料理「つきじ治作」

posted by:
admin

東京の料亭「つきじ治作」をご存知でしょうか?
つきじ治作は、築地駅から徒歩8分、新富町駅からは徒歩10分のところにある料亭で、東京にある料亭の中でも特に歴史が深いのです。その歴史は昭和6年からはじまっており、時代が変わっていく環境の中、つきじ治作では、変わらない江戸の味を守り続けているのです。先祖代々受け継がれている江戸の味を守っているつきじ治作の料理は、日本人はもちろんのこと、日本の味を楽しみたいという外国人のお客様にも好評です。

料理の味はもちろんのこと、どのようなお客様でもつきじ治作の料理を楽しむことができるように、つきじ治作では、お客様のニーズに合わせて選べる部屋やプランを用意しているのです。少人数の会食にぴったりのお部屋から、宴会などにぴったりの広間、また料理のプランも、シチュエーションやニーズに合わせて選んでいただくことができます。大人数の宴会では、最大120名まで使うことができる広間もあることから、会社の忘年会や新年会、または歓迎会や送別会などにもぴったりなのです。
つきじ治作では、ニーズにあわせたお部屋で、江戸時代から伝わる割烹料理を楽しむことができるのです。

つきじ治作が気になるという人はもちろんのこと、江戸時代から伝わる日本ならではの割烹料理に興味があるという人はぜひ、つきじ治作をご利用ください。
こちらのサイトでさらに詳しく紹介しています。

hr